緩やかなる死は懶眠の中に

「読んだモノ、見たモノ」備忘録。ゲージュツはよくわかりませんが、美術館や映画館に行くのは好きです。
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | -
ペンギン・ハイウェイ (角川文庫)
森見 登美彦
角川書店(角川グループパブリッシング)
(2012-11-22)

森見は様々なタイプの小説にチャレンジしているね。だからついつい買ってしまうのだが。今回はSFらしい。確かに不思議な物語だけれども、この本においては不思議は不思議以上の意味を持たないような気がする。SFコンシャスな物語ではない。少し不思議で、ロマンティックなお話。そして、今回はほっこりもさせる。本当に幅広い作家だね。
| 読書 | 00:00 | comments(0) | trackbacks(0)
陽だまりの彼女 (新潮文庫)
何でも「女子が男子に読んでほしい恋愛小説No.1」らしい。もう随分前に読み始めたものの、男の子が女の子と仲良くしている描写が延々と続き途中で投げ出していた次第。あまりの退屈さにおれはもう女子がどう思うが上等だという心づもりでいたけれど、放っておくのも気持ち悪いので移動時間にやっつけることに。
読み終えてみると、恋愛小説というより、むしろファンタジー小説とでも言った方が適切で、冒頭のフレーズは何だったんだという気分。おかしな先入観さえなければ、いい話だったねで読み切れた気がする。しかし、これを恋愛小説No.1として男子に勧めてくる女心というのは、おれには到底理解できそうにない。だからモテない。
| 読書 | 13:00 | comments(0) | trackbacks(0)
彼女を好きになる12の方法 (メディアワークス文庫)
僕の小規模な奇跡に引き続き読了。読みやすい上に、こちらは一般的な分量だったのですいすいと読み終えた。

前回は三白眼でコミュニケーション不全な子が彼女だったけど、今回は目の丸いごくありふれた子のようである。まあ、どちらも美人らしいのは同じか。うらやましいぜ。個人的にはジト目は好きだけど、リアルでジト目で睨まれると死にたくなるな。二次元にしておきたい。おっと、また脱線した。

前回に引き続き二人の登場人物の視点が入れ替わりながら進む。今回はわりとイケメンくんとモテないくんが主人公。おおよそ前者の物語が主だね。

タイトルに惹かれて購入した本だけれども、ウルトラC的な解法が飛び出すことなく、収まるとこにおさまって物語は終える。意外にも不完全燃焼感を感じることなく、不満もない。僕の小規模な奇跡で気になった心情の吐露も気にならない。前回は後半の妙に悟りきった感じが腹立たしかったのかもしれない。

驚愕の事実!とか予想外の出来事が!のような展開はないし、モテないくんはやっぱりモテないままで、その気持ちを余して早々に幕は閉じるのでそこらは辺が気にくわない人は合わないだろうなとは思う。

まあ、そうだよねえ……と諦めも含みつつも悪い読後感ではなかったなあ。若干、タイトルに救いを求めていたおれがいたのかもしれないな。わーまた散文的。心の迷いは何とやら。書いてあることは当たり前で、おれの感想もふつう。そんな本だった。
| 読書 | 23:45 | comments(0) | trackbacks(0)
僕の小規模な奇跡
ここ久しく本を読んでいなかったので、読書リハビリも兼ねて。元々書店で見かけた「彼女を好きになる12の方法」が気になって手に取ったんだけど(タイトルが刺さったんだね)、先にこちらを読めと勧められたので。読了後、奥付後の広告で気づいたのだけど、そうかこの人が電波女の人か。そんな感じで全くもって適当な読書。もっとも、誰それとかあまり興味ないしな。

閑話休題。読んでいて悪い気はしないけど、肝心の事件の動機があまりにも単純でビックリしたよ。意味深な事件から物語が始まるので、てっきりそっち絡みかと。まあ、あまり細かい内容を追求するようなタイプの小説じゃないんだろうけど。読み終えてこの厚さはなんだったんだろうか、本当にこの分量だけ内容があったかという疑問が湧いてくる不思議な味わい。キャラだとか、会話劇を楽しんだもの勝ちなんだろう。どちらにしろ気軽に読めるのは良い。

上に書いたとおり、ストーリーはどうかと思うけど、こういったひねた感じの文章嫌いじゃない。ただ、それだけにエピローグ前後の登場人物が心情を吐露するあたりは文章のテンポがそれまでと異質な感じがするのが残念。とりとめのない会話と読者をも茶化すような応酬で積み上げてきたものに、悟られ口調で語られる独白は乗っからない。本質的に相容れないのか、技巧的な問題かはおれにも分からないけど。

まー散文的になってしまったな。嫌いじゃないけど、全面的に受け入れられるわけでもない。一応、彼女がーは読もうっと。それで最後かもしれない。
| 読書 | 00:29 | comments(0) | trackbacks(0)
氷菓
米澤 穂信
角川書店(角川グループパブリッシング)
(2001-10-31)

待ち合わせていた相手が遅れてきたので、暇つぶしのために駅前の書店で買った本。アニメをやるのは知っていたけど、原作は小説だったのか。

しかし、肝心の謎解きは薄っぺらいし、なによりも文章が大袈裟というか思わせぶりで好きになれない。アニメをやるくらいなのだから、続編も続けて読むと面白いのかもしれないけど、積極的に読む気にはならないな。
| 読書 | 13:43 | comments(0) | trackbacks(0)
アトリエの巨匠に会いに行く ダリ、ミロ、シャガール… (朝日新書)
あの人の仕事場を見てみたいという欲求は結構昔からあって、多分その手の本を初めて買ったのは今は絶版になっている「クリエーターズスタイル」という本だったか。今から10年前くらい。最近だと本棚だとか机を見せてもらうといった本もいっぱい出てるね。まあ、そんな本をちまちま読んでいた俺だけど、このアトリエの巨匠に会いに行くって本はそれらとは一線を画すね。世界の名だたる巨匠がぞろそろ載ってる。凄い。奥付を見てみると、芸術新潮に1989〜95年に連載されたもが初出とある。最近じゃなくてかなり前なわけだ。もう死んでしまったビックアーティストも載っていて読んでみると感慨深い。写真は2枚程度で文章だってさして多くないのが少々不満だが、この本が1000円で買えるのは全くお買い得と言うヤツであろう。しかも、全ページカラーだ。
| 読書 | 23:23 | comments(0) | trackbacks(0)
セカイ系とは何か ポスト・エヴァのオタク史 (ソフトバンク新書)
何となく読んでみる。この手の議論にはさして興味のない俺だけど、セカイ系の起源にエヴァを持ってくるのはなかなか面白い。
| 読書 | 22:00 | comments(0) | trackbacks(0)
空の中 (角川文庫)
有川 浩
角川グループパブリッシング
(2008-06-25)

特にSFが好きというわけでもないけれど、評判が良かったので購入した次第。しかし、俺は昔からアンノウン物がどうにもしっくりこないのであった。こんなヤツいないと冷めちゃうんだよな。つまんないヤツ。とはいえ、キャラクタは立ってるし、情景も鮮明にイメージできる。映画的なのかな。後書きで著者が大人のラノベだと言っていたくらいなので、そこら辺は狙い通りなのかも。
| 読書 | 10:00 | comments(0) | trackbacks(0)
大人のための新オーディオ鑑賞術 (ブルーバックス)
オーディオを扱いながらも少しもオカルト的になることなく、むしろパソコンを用いて便利に楽しく音楽を楽しもうというスタンスの本書は実に快く、今の大多数の人間に支持される内容ではないかな。門外漢からすると、オーディオの世界は何やら魑魅魍魎が跋扈する怪しげなイメージしかないからね。
既に自分はCDのリッピングからライブラリ化、そして出力までスタイルを確立してしまっているので、結局参考程度にしかならなかったけど、PCで音楽をどのように楽しめば良いのか分からない初心者の人にはお勧め。
| 読書 | 02:20 | comments(0) | trackbacks(0)
嵐が丘
エミリー・ブロンテ
新潮社
(2003-06)

これは長い長い復讐劇なのか。女性の書く男心と言う点では興味深い。確かにそれぞれの登場人物の人間性とかネリーに語らせるスタイルとか面白いけど、手放しで褒めて良いのだろうか。読者が女性か男性かでまた評価が変わりそうなところが興味深いところではある。
| 読書 | 11:35 | comments(0) | trackbacks(0)
CALENDAR
S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
<< August 2019 >>
SPONSORED LINKS
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
RECENT COMMENT
RECENT TRACKBACK
モバイル
qrcode
PROFILE