緩やかなる死は懶眠の中に

「読んだモノ、見たモノ」備忘録。ゲージュツはよくわかりませんが、美術館や映画館に行くのは好きです。
<< トリック -劇場版2- 超完全版 | main | 北欧モダン デザイン&クラフト >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | -
2001年宇宙の旅
キア・デュリア,ゲイリー・ロックウッド,ウィリアム・シルヴェスター,ダニエル・リクター,スタンリー・キューブリック,アーサー・C・クラーク
ワーナー・ホーム・ビデオ
(2006-12-08)
子供の頃親の隣で見たはずが、シーン毎にチラチラとしか記憶がない。改めて見てみると、シーンを次々と繋げて一本の作品にしました、というような作品。しかも、シーンがどれも強烈で濃い味。シーン毎の記憶しかなくても致し方ない。
思いっきり抽象的なのか、はたまた象徴的なのか。もはや俺には良く分からない。セリフも少なく、クラシックをBGMとしながら厳かに進む様は実に近づきがたい。そこから何を思うか。クラシックが良い感じの環境映像としか思わない人がいても不思議じゃない。

DVD
| 映画 | 01:03 | comments(0) | trackbacks(1)
スポンサーサイト
| - | 01:03 | - | -
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://qold.jugem.jp/trackback/177
トラックバック
キューブリック監督
今日は、スタンリー・キューブリック氏の命日なのだそうです。キューブリック氏は、映画監督で、SF三部作と呼ばれる『博士の異常な愛情 または私は如何にして心配するのを止めて水爆を愛するようになったか』博士の異常な愛情 または私は如何にして心配するのを止めて
| 雑学的ブログ | 2008/03/07 7:04 PM |
CALENDAR
S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
<< August 2019 >>
SPONSORED LINKS
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
RECENT COMMENT
RECENT TRACKBACK
モバイル
qrcode
PROFILE