緩やかなる死は懶眠の中に

「読んだモノ、見たモノ」備忘録。ゲージュツはよくわかりませんが、美術館や映画館に行くのは好きです。
<< 北欧モダン デザイン&クラフト | main | エロの敵 今、アダルトメディアに起こりつつあること (NT2X) >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | -
25時
エドワード・ノートン,フィリップ・シーモア・ホフマン,バリー・ペッパー,スパイク・リー,デイヴィッド・ベニオフ
アスミック
(2007-03-02)
アメリカ的な男達の物語。もっとマッチョな映画かと思ったら、意外と繊細で叙情的。俳優の演技だとかカメラワークも良くて、なかなかリアルな映画だった。
| 映画 | 00:49 | comments(0) | trackbacks(0)
スポンサーサイト
| - | 00:49 | - | -
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
トラックバック機能は終了しました。
トラックバック
CALENDAR
S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
<< February 2020 >>
SPONSORED LINKS
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
RECENT COMMENT
RECENT TRACKBACK
モバイル
qrcode
PROFILE