緩やかなる死は懶眠の中に

「読んだモノ、見たモノ」備忘録。ゲージュツはよくわかりませんが、美術館や映画館に行くのは好きです。
<< 塩保朋子「Cutting Insights」 | main | 四畳半神話大系 (角川文庫 も 19-1) >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | -
「フェルメール展 光の天才画家とデルフトの巨匠たち」
フェルメールの作品の素晴らしさについてもはや語るまでもなく、むしろ同じく展示されている他のデルフト芸術家らの作品が良かったことについて言及せねばなるまい。個人的には教会を内部から描いた絵画は実に興味深い。特にハウクヘーストの描いたデルフト新教会の回廊の情報量の多さと言ったらもう!

フェルメールは特に手紙を書く婦人と召使いの光の具合が神がかっていて畏怖の念さえ覚えてしまう。でも、物語性としてはリュートを調弦する女が良いね。
あとは、マルタとマリアの家のキリストと小路が見られてほくほく。

東京都美術館
| 読書 | 20:46 | comments(0) | trackbacks(1)
スポンサーサイト
| - | 20:46 | - | -
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://qold.jugem.jp/trackback/223
トラックバック
天才物理学者“ガリレオ”再来――「容疑者Xの献身」完成披露イベント
 最高視聴率24.7%を記録した2007年放映の月9ドラマ「ガリレオ」は、物理学を用いて事件を解決する天才物理学者という斬新なキャラクターが記憶に新しい。同シリーズの最新作でありドラマの放映中から同時進行で製作が行われてきた映画「容疑者Xの献身」が、10月4日か
| ニュース検索 | 2008/09/24 7:36 PM |
CALENDAR
S M T W T F S
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< October 2019 >>
SPONSORED LINKS
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
RECENT COMMENT
RECENT TRACKBACK
モバイル
qrcode
PROFILE